×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


徒然なるままに...<2004年 5月の巻>
    


2003年 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
2004年 1月 / 2月 / 3月 / 4月

5月31日月曜日 大雨(だったそうです...)

 今朝、会社にリムリックにある家具屋さんから電話があり、”デリバリーを明日したいけれども家にいますか?”と一方的に言ってきました。”今週は仕事があるから来週でいいから日にちを教えて?”と聞くと、”こういうことがあるから、デリバリーが遅れるのよねぇ。来週の何日かは今言えないから、また電話します。”とガチャっと切られてしまいました。
 んー、とんでもない家具屋さんでソファーを買ってしまったかな? このソファー屋さんはカスタムメイドなので、2月に注文した時点で、14週間から16週間かかると言われたのです。この納期はギリギリ守っているけれども、それにしても、この応対...Welcome to Ireland!ですか。

5月30日日曜日 晴れ

 今朝は、ドンドンと子供達は地元の教会で初聖体(ファースト・コミニオン)のミサをするというので出かけました。午後は、Garda(アイルランドの警察)へ外国人登録カードを受け取りに行き(これで、問題なく里帰りできます。)、その後、コーマックとスーザンのところへ先週誕生したザラちゃん(Zara)を見に行き、その後は、ケイトとユージンの娘さんRuthのコミニオンのお祝いパーティに行きました。フー、またまた忙しい一日。
 パーティは、コナンの学校のお友達の家族が結構集まり、ほとんど知っている人だったので、学校や地元の情報交換などを話しまくっていました。子供達は、バウンシィーキャッスルや、バスケットボール、ハーリングと遊ぶのに忙しく、ケーキが7,8種類ならぶデザートバーにも目もくれず遊んでいました。ホームパーティは、主催者側の準備が何かと大変ですが、呼ばれる側は楽しいものです。ユージンとケイトは、本当にやさしく付き合いやすいカップルなので、今日のパーティも彼らの人柄が表れているなぁ、と感じました。

5月29日土曜日 晴れ、大雨、曇り(要するにアイリッシュウェザー)

 朝から、掃除洗濯を一気に終わらせ、午後から私は美容室のあと、Ta社でのミーティング。コナンは、ハーリングの練習の後は、クラスメートのリモーグ君の6歳の誕生日パーティにお呼ばれ。それなので、ドンドンとショーナは、実家に遊びに行くそうです。
 V社との契約も予想通り(?)一週間延長となり、来週も毎日V社でお仕事です。日本語の授業は昨日で終わりと聞いていたのに、来週もあるからどうする?と言われ(暗に来てね!と言われているようなもの)、今週と同じように掛け持ちで仕事します。ふと気づくと、5月はもう終わり...この分だとあっという間に里帰りとなりそうです。

5月26日水曜日 〜 28日金曜日

 多忙なため、お休み。

5月25日火曜日 晴れ

 テニスダブルスの練習のため、お休み。

5月24日月曜日 曇り、のち晴れ

 夕飯を作っている間、ドンドンが子供達と散歩に行って、ドタドタ家に戻ってくるなり、コナンが大泣き。そして、ドンドンが”ちょっとしたアクシデントがあった。”と言っているので、てっきり事故でも見たのかと思ったら、コナンの顔が凄いことになっていました。自転車から転落して顔に傷をおってしまったのです。家に帰るまで全く泣かなかったコナンなのですが、私の”どうしたの?”の声を聞くと大泣き。あぁ、かなり痛そうでした。明日はガッツ石松顔負けの状態になっていると思います。

5月23日日曜日 快晴

 午前中、実家の母と長電話をしました。私たちの出演した番組をしかと見ましたよ、とのことで、どんな内容だったかを説明してくれました(出演していてもどういう風に編集されたかは知らないので)。親戚友人からメールや電話があったそうで、みなさん見てくださってありがとうございました!
 午後はULで水泳(水遊び)した後、ドンドンの実家へ行き、義母に無事に番組が放送されたこと報告をしました。以前一緒に仕事をしたことのあるTさんからのメールに、”ドンドンのおかあさんはお若い!”とあり、それを本人に伝えたところ、かなり気をよくしていました。でも、私から見ても本当に若い義母であります。撮影中は、本当に義母にもお世話になりっぱなしでした。本当に感謝しています。

5月22日土曜日 快快晴

 昨日のシャノンの学校での日本食調理実習は、まぁまぁというところで成功しました。クラスの担当の先生が途中で様子を見に来て、”新聞に載せたいから(学校新聞でしょうけど)写真を撮ってもいいか?”と聞いてきたと思えば、家庭科の先生が残り物の不人気だった冷奴(こんなもの調理ではない?)とワカメスープを職員室に持って行って先生方のランチにしたいと聞いてきたり。変なアジア人(私のこと)が初めて口にする変わったものを教えたということで、風変わりで一味違った授業だったと思います。生徒のほとんどが、来週も調理実習して!と言ってくるぐらい楽しかったようでした。

 今朝は、朝から家事一辺倒。ショーナはコナンとドンドンといっしょにハーリングの練習に行きたかったのですが、私が手を休める事ができず、練習の最後の方だけ見に行きました。しかしながら、洗濯物もホコリもたまりまくっていた我が家。穏やかないい天気だったので、洗濯のしがいもありました。先週はハードな一週間でしたから、家の仕事もたまるわけです。

5月21日金曜日 晴れ

 アリソンとテニスのため、お休み。

5月20日木曜日 晴れ

 今日も過ごしやすい一日でした。(と言ってもほとんど工場内にいたのですが。)V社を途中抜けて、Doonにある男子校に日本語の授業をしに行った時のリムリックからのドライブは最高。人によっては、あんな運転しにくい田舎道!と言うでしょうが、今日みたいな天気だと本当に気持ちが良いです。
 それに引き換え、その男子校の授業ときたら...もうすぐ学期末だからやはり大変なことになっています。”日本の冗談を話して〜!”とせがまれたり、”自分の面白いジョークを言うから、聞いてくれ!”っと言ってきたり。体は私よりもずっと大きいのですが、コナンを相手にしているようなところがあります。
 校長先生に来週火曜日が最終日となりますと告げられて、それが本当に最後だろうな、と思っていたら、なんと来年の2月以降もまた日本語を取りたいとの話をもらいました。先月の段階では、もう日本語は取らないと思うと担当の先生に言われたんですけどね。
 家に戻って、明日の調理実習(これも日本語授業のひとつ)の予行演習。まぁ、大したものは作りませんが、生徒が食べられる事を基準に考えました。お寿司(なんて作れないけど)とかてんぷらだと15歳の子たちには難しいし、恐らく今まで食べた事のない味だけど、大丈夫だと思います。果たして、吉と出るか凶と出るか??

5月19日水曜日 曇り

 今日は丸一日V社でした。以前は、これが当たり前だったのですが、一日が長く感じました。順調に進んでいる証拠なのでしょう。色々なハプニングがあると嵐のようになってしまいますから。

 久々にショーナと二人でお風呂に入りました。彼女のお気に入りの歌"Mr.Shine”を一緒に歌ったり、プレスクールの友達の話をしたりと、この頃、ショーナとゆっくりお話をしていないので、いろいろな話を聞くことができました。我が家の場合は、放任主義に近いかもしれません。放っておいても子供は成長しているのですよね。母親が、勝手なことばかりやってるから、彼らも私にあまり期待していないというか。
 放ったらかしにされていたコナンはテレビがどうしても見たいから、お風呂に入らないと言っていたのですが、テレビの前で爆睡。無理やり起こして、お風呂に一人で入らせたところ、鼻歌なんか歌ってくつろいでいました。”やっぱり、お風呂が好き。”なんて、言っていました。

5月18日火曜日 晴れ

 朝一、”早く学校に行かないと!!”とコナンが興奮気味に私のベッドへやってきました。今日は、初めての学校の観劇の日で、その後リムリックのピープルズパークで遊んでからピクニックをするからだったのです。劇は、赤頭巾ちゃんだったそうで、これも楽しかったそうです。日本と比べて、コナンの学校は遠足とか運動会といったイベントが少ないように感じます。地元のスポーツ関係のクラブはめちゃ盛んなのですが。

 夕食後、バリナーに引っ越してから初めて庭に水撒きをしました。コナンにやり方を教えたら、とても気に入ったらしく、体中ビシャビシャになりながらも、頑張って撒いていました。普段、雨の多い国なので水を庭に撒くという習慣がないですね。公園でスプリンクラーを見たこともありません。洗車は、ショーナが手伝ってくれて、かあさんは本当に助かりました。雨が降らないと、車のホコリがめだってしまいますし、植木が枯れてきます。でも、こういうことはしょっちゅうあることではありません。

5月17日月曜日 晴れ

 今日から2週間の短い契約でV社で仕事しています。今回は、日本語の授業との掛け持ちなので、今までのように朝から夕方までと言った契約ではありません。
 今日で今回の授業が最後となるリムリックにあるVスクールで、3年ぶりに以前陶芸クラスでお世話になったジョルディンとばったりコピー室で会いました。陶芸クラスと言っても3ヵ月半の短いクラスだったのにちゃんと私のことを覚えていてくれて、”非常勤の先生は、学校にいる時間が少ないからなかなか学校の雰囲気に馴染めなかったり、常勤の先生と話す機会もないでしょうから、遠慮なく私に不安なこととか質問があったら何でもきいて!”と心強くなるような事を言ってくれました。彼女は、美術の先生と1,2年生(ジュニア)の数学を教えているそうです。特に、このVスクールは馴染めない雰囲気だと感じていたので、彼女とお話できた事は大収穫でした。それと、オランダ人の先生から語学教育のお話を聞けたり、受け持った学年の担当の先生ともミーティングを持てたのでよかったです。(授業内容は不満がかなり残るものとなってしまいましたが...)
 
5月16日日曜日 曇りのち晴れ (ドンドンと私の7回目の結婚記念日。)

 朝食をみんなで食べている時に、ドンドンから7回目の結婚記念日おめでとう!と言われ、あぁ、そうだった!と思い出しました。そうです、今から丁度7年目の今日、私たちは結婚したのでした。ひさしぶりに、思い出の地、キャッスルコーネルに行こう!ということになり、子連れで遊びに行って来ました。(思い出の地と言っても、ここから車で10分もかかりません。)
 2、3年前の夏は、毎週のようにキャッスルコーネルの川(これもシャノン川です。)に泳ぎに行ったり、散歩したりしたのですが、この頃は、キラルー周辺ばかり攻めているからか、めちゃ久しぶりでした。川沿いの散歩コースは、ショーナが生後3週間ぐらいの時に行った以来のご無沙汰でした。
 
 村にあるパブでランチをしてから、3時から行われるバリナーナショナルスクールPTA主催の歩こう会(歩いた人が寄付をして、そのお金は学校の運動会開催のために使われる予定)に、ドンドンと子供達は参加。私はパス。どういうコースを歩くのかは知らないのですが、バリナーの公園がスタートで2.5kmの道のりをみんなで歩くそうです。親も子供も相当な人数がすでに集まっていました。

 
5月15日土曜日 曇り

 朝一から多忙なため、お休みします。

5月14日金曜日 曇り

 アリソンとテニスの練習のため、お休みします。

5月13日木曜日 曇り

 コナンとショーナを迎えに行ったときに、託児所のカレンから、”バリナーナショナルスクールの今年の9月のジュニアインファントの入学者が60人を越えるんですって!それなのに、校舎の増築をカウンセルが認めてくれていないのよ。!”と新聞を見せてもらいました。ショーナが9月に入学する予定で、どうやら一クラス生徒数が30人以上になるようです。コナンのクラスは、22人。確かに、ここ周辺は急激に住宅が建築されるようになったので、学校もパンク状態だそうです。私が小学校に通っていた頃は、一クラス40人なんて普通でしたから、それと比べる少ないじゃないっとも思いますが、この田舎で一クラス30人は尋常ではありません。
 
5月12日水曜日 曇り

 昨日の晩は、本当にテニス日和でした。風がなく曇り空だったのでまぶしくもなく...アリソンは、シングルスのリーグ戦にさんかしていなかったため、久々のテニスでした。上達するには、いつも同じ人とばっかり試合するのではなく、上手な人にどんどんチャレンジした方がいい、と言いますが、やはり、アリソンとテニスするのは気が楽だし楽しいです。

 午後は、コナンはエイデン君とプレイデート(変な言葉ですね。)のため、直接学校からミカさんがコナンをピックアップしてくれます。
 この前、ふとミカを交えて他のママ友達とお話をしていたときに思ったこと。あぁ、わたしもミカぐらい英語が上手だったらなぁ、って。3年前にバリナーに引っ越してきた時は、オランダ語を家ではずっと使っていたそうですが、息子達がオランダ語は使いたくない!英語の方がいい!と言われてから、彼女は英語だけしか使わなくなったそうです。我が家にもそういう日が来るのかなぁ?子供達には、はっきりと”ママは、英語を話すけどちょっと変”とすでに言われていますし、発音もバシバシ直してくれます。以前日本人の人に、"大変な生活ですね、子供達に自分の発音を直されるなんて。”と言われたことがありましたが、逆に、こんな身近にちびっこの発音先生がいてくれるなんて、ラッキー!と思っています。いつか、うざったいなぁーと思う日がくるのかもしれませんが...

5月11日火曜日 曇り

 テニスの練習のため、お休みします。

 
5月10日月曜日 曇り

 朝一、子供達を見送ってから、リムリックへ仕事に行く途中、テニス仲間のウェスリーがキラルーでヒッチハイクをしていて、時間がギリギリとわかっていたにもかかわらず、やはり見捨てる事ができず、リムリックまで送ってあげました。都会の方は、ヒッチハイクも珍しくなったかもしれませんが、ここバリナー、キラルー地区はよく見かけます。知らない人はまず乗せませんが、知っている人だとかわいそうかな?って思ってしまって。
 仕事が終わってから、即効でバリナーに戻り、コナンショーナをピックアップ。朝、近所のカロルがお見送りの時間に私に何か話したげだったので、声をかけたら、”ここでは話せないから、あとで子供達を連れてうちにお茶しに来て!”と言われ、わたしは昼食抜き(このごろこういうことがよくあります。でも、痩せません。)で、カロルとマーコス君のうちへ。
 この前の土曜日にあったシェイマス君宅のパーティで、カロルの旦那さんのポールと、シェイマスのパパのマイケルが、どうやらケンカをしてしまい気まずい関係になってしまったとか。私たちは、早めに退散したので知る由もなかったのですが、ポールは、シェイマス君の出入り禁止令をカロルと息子マーコスに発令してしまったとか。数少ないご近所さんだけに、ちょっと気の毒に思いました。ご近所づきあいって本当に選べませんからね。確かに、あの晩のマイケルの態度は、ハイのハイハイ状態だったのは、見受けられました。笑えない冗談を良く言っては自分だけ受けてたりしたし... まぁ、ここは、巻き込まれないよう傍観者に徹します。

5月9日日曜日 晴れのち曇り

 今朝は、我が家全員起きたのが10時半。昨夜、ご近所のシェイマス君のファーストコミュニオン(初聖体)のお祝いホームパーティにお邪魔して帰宅時間が夜の11時半。子供の数は少なかったのですが、仲良しのシェイマスにずっと遊んでもらって、コナンショーナも楽しいひと時を過ごしたようです。庭の一角にバーコーナー(レンタルパブですね)があり、タップからハイネケン(ビールです。)が飲み放題、しかも、シェイマスのお母さんのジャーのお友達がケータリング関係のお仕事をしているとかで、お食事もホテルで出すようなビュッフェ式メニュー、大きいお家には、グランドピアノがあり、ピアニストをよんで演奏会っと、とっても派手なパーティでした。普段、会ったことのないご近所さんともお話が出来て、楽しかったです。お開きは、明け方だったとか。しかも、お昼過ぎに、コナンとショーナを迎えに(いつものようにシェイマスと遊んでいた。)行ったドンドンが、またビールを一杯ごちそうになって、”Wifeも連れて来て!”と誘われたそうです。

 遅めの昼食兼夕食は、3月に撮影で行ったパイパーズインで食べました。ほんと、ここはシェフが変わってからお食事がよくなったし、金額もリーズナブルです。シーフードチャウダーが美味しかったです。

5月8日土曜日 快晴(風もなく穏やかー)

 午前中は、たまりにたまっていた家事洗濯を一挙に終わらせ、お昼におにぎりとやきそばを作りました。この頃、日本食が多い我が家です。焼きそばを土曜日のお昼に食するというのは、私の実家の定番でしたっけ。それに、1ヶ月近く毎日のように麦茶を作っています。身体が欲しているようで...
 午後は、ドンドンが子供達を連れて、マウントシャノンへ行きました。ごめんねー、わたしはパスです。家事以外にすることが恐ろしくたまっています。ゆっくりしてねーっとドンドンは言ってくれたのですが、こんな天気のいい日に家にこもるのもバカバカしいです。まぁ、こういうことが一生続くわけではないし...好きでしていることなのでねぇー。明日は、家庭サービスをします。(これじゃ、日本のサラリーマンの台詞ですね。)

 
5月7日金曜日 晴れ、曇り、夜中は素晴らしい星空でした。

 マラソンランナーのような一日でした。なので、お休み。

5月6日木曜日 晴れ、曇り、強風

 昨日、一昨日ととんでもない天気の悪さ。友達家族が、月曜日からカナリー諸島に2週間のホリデーに行ったのですが、なんて、ラッキーな人たち!と言いたいです。去年の今頃は、ザッキントス島行きのホリデーを前にウキウキしていたんですよねぇ。
 それに引き換え、なぜに、この最悪な天気の中、3試合も試合をしなければならなかったのか??結果は惨敗に終わりました...しかも、昨夜は、試合中に思いっきり空振りをしたあと、ラケットでおでこをぶつけてしまい、みごとなたんこぶがわたしの額にできてしまいました。いまだにいたいです。
 今回のリーグ戦での教訓。やはり、いろいろな人と試合を重ねていかないとダメということです。わたしは、いいプレイと悪いプレイの差が激しくて、安定したプレイができません。これを、直すには、上手なプレイヤーと数多く試合をすることなんだと、ディリア、ローラ(この人たちとんでもなく強かった。)に教わりました。

 
5月5日水曜日 強風、雨

 テニスシングルスのリーグ戦のため、お休み。

5月4日火曜日 超強風、大雨の繰り返し

 テニスシングルスのリーグ戦のため、お休み。

5月3日月曜日 晴れ、のち、曇り、のち、雨

 今日も、午前中は良いお天気だったので、Rock of Cashelへ行きました。行く途中、ショーナが車酔いを初めてしてしまい、見事に吐いてしまいました。でも、あれは、ドンドンの運転のせい(道路も田舎道を通ったので、くねくね曲がった道が多かったというのもありますが。)。わたしも気分が悪くなるところでした。
 何とか、換えの洋服を手に入れて、ようやくCashelへ。ドンドンも、わたしも説明ツアーに入りたかったのですが、やはり、子連れは無理ですね。いきなり、コナンが飽きてしまって...もっと、バンラッティーのようなお城になっているのかと期待していたのですが、外壁が何とか残っているような状態で、今も修復作業をしていました。ただ、この丘から見渡す眺めは、アイルランドーーーー!!と叫びたくなるような、平たんでのんびりとした風景でした。
 子供達は、歴史的建造物よりも、岩壁によじ登ったりする方が楽しかったらしいです。

 
5月2日日曜日 いやになるほどの快晴

 ”Help〜〜〜!!!”
 いやぁ、初めて発してしまったこの言葉。一体何があったのでしょう??
 いい天気だったので、お弁当を作って、Lough Derg(ダーク湖、キラルーにある湖のこと)の湖上でランチしようと張り切ってボートを借りたのはいいものの、モーターのシャフトが折れていたとかで、ボートが見る見るうちに橋の方に流され、橋の間にある鉄柱に激突(ちょっと大げさ、ガンっと当たった程度。でも、怖かったー)。ショーナは、楽しんでいたようですが、コナンはもうこれでビビってしまった様子。子供達二人と私で、ヘルプー!と叫んだのでした。


ボートに乗るのを
楽しみにしていたコナン。

この橋の下にガンっと。


冷静なドンドンも、
ちょっと緊張気味?
(橋の下って、こんな感じ)

 幸い、観光客やボート貸し出しのショップの人が気づいてくれて、すぐに助けに来てくれました。いやぁ、笑えるけど、なかなかできない体験。他のクルーザーが何台か気づいていたのに、素通りしたのには驚きましたが、まぁ、あの場合、クルーザーの人たちが私たちを助けられるわけでもないですからね。
 貸し出しのショップの人が助けに来てくれた、と言っても、鉄柱から上手くすり抜けてから、船着場まで手漕ぎ。さらに、他のボートは全て出払っているとのことで、その故障しているボートを修理するから、20分待ってと言われました。まぁ、ここは、アイルランドですからね。こういうの有りなのです。
 結局、ピクニックは、湖畔でして、ボートの修理完了とのことで、いざ出陣。ドンドンが運転していたのですが、わたしも初挑戦して、のっこらのっこらとTwo mile gateまで行きました。そうしたら、ここでは、いきなり"ガリガリガリガリ”と浅瀬とは知らずに、石の上に乗ってしまったようです。これで、完全にコナンの信用を失ってしまい、ドンドンと選手交代しました。
 ...コナンは、またボートに乗りたいとは言っていません。やはり、怖い体験だったかなぁ?
 
5月1日土曜日 快晴

 午前中から、ドンドンコナンは、ゲーリックの練習。午後は、コナンがクラスメート(ガールフレンド?)のセーラのお誕生日会にお呼ばれで行ってしまい、ドンドンは庭の仕事。結局、ほぼ一日中、ショーナとデートをしていたわたしです。トランポリーナで遊んだり、ボール投げで遊んだり、お菓子を持って、Two mile gateへピクニックしに行ったり。ショーナは、セーラのパーティに行きたかったのを知っていたから、余計にいつもよりも気合を入れて一緒に遊びました。あー、でも、4歳児のパワーに一日付き合うのは疲れました。