×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


徒然なるままに...<2004年 6月の巻>    


2003年 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

2004年 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月

里帰り日記
6月29日火曜日 今年8日目の夏日 暑い暑い暑い暑い暑い!!!!!!

 久々の日記にの更新です。

 私たちは、無事に里帰りしました。やはり日本の夏は暑い!の一言。梅雨の時期なのに、成田空港の温度計は30度を越えていて、いきなり不吉な予感がしたのが的中。母は梅雨の中休みと言っていましたが、とんでもないほどの夏日が続き、私は夏バテで約2日半ダウンしてしまいました。情けないママに対し、ちびっこパワーのコナンショーナは暑い暑いと言いながらも、パワー炸裂状態が続いています。

                    
               (二人とも幼稚園の制服とカバンが気に入っている様子。)

今回の里帰りの目的の一つである子供達の体験入園は、昨日から無事に始まりました。ショーナが特に緊張気味だったようですが、やさしい先生方と園児たちに囲まれ、徐々に慣れてきているようです。私もアイルランド風お弁当はいくらなんでも子供達には持たせることができないので、朝早く起きて日本風お弁当を作っております。ちゃんと子供達もほぼ残さず食べてくれるのが嬉しいです。(いつもは結構残してくるので。)
 家でお留守番をしているドンドンパパは、すでに3回も電話をかけて来て、かなり寂しそう。今回の里帰りで一番動揺を見せていたのがドンドン。あと一ヶ月だから、もう少し(?)の辛抱だからね。

6月22日火曜日 雨

 昨日もマラソンランナーのような一日でした。ショーナが託児所の前でストライキを起こして大変だったり、午後突発的にミーティングが入ってV社へ行ったり、夜はあるプロジェクトのミーティングでまたもや帰りが午前様だったり....でも、この生活のペースはとりあえず日本に行ったら変わるでしょう。里帰りの出発の日が近づくに連れ、子供達のハイパーぶりは日に日に凄くなってきます。フー。
 朝一、コナンの先生に挨拶をしに学校へ行ったら、コナンのクラスメートの子供達もやはり夏休みを前に超ハイパーでした。今日の午後、コナン君のクラスで子供劇をするのですが、先生が一年間の中で一番まとめにくかった催しだった、とボヤいていました。気持ちはわかります。

 そして、いよいよ明日から約一ヶ月の予定で里帰りします。朝8時のフライトでシャノンを出発しますが、全くアンラッキーなことに、アメリカの大統領ジョージ・ブッシュが来愛(と言うのか?)するのにシャノン空港を使うそうで、空港周辺は19日から26日まで厳戒体制となるそうです。先日、旅行会社の方から連絡をいただき、”出発時間ではなく、チェックインの2時間前に空港に行くようにして下さい。”とのことでした。トホホホホホホホ......明日は、朝5時に家を出ます。Door to doorで、24時間!頑張ります。


6月20日日曜日 晴れ、曇り、シャワー少々

 今日は、午後2時からコナンの学校のPTA主催のスポーツデイ(運動会のようなもの)がありました。日本の運動会と比べるととんでもなく規模は小さいのですが、それでも、親も子供達も楽しめた午後でした。コナンが出場したのは、徒競走、ポテトスプーンレース(持参したスプーンにポテトをのせてゴールまで走る)、サックレース(袋に足をすっぽり入れて...のあの競争です。)の3種目。プリスクールに通う子供のための徒競走があったのですが、ショーナはパス。そのかわり、こってりのフェイスペインティングをしてもらったり、地元の陶芸家の人と一緒にタイルを作ったり、ちびっこ広場コーナーで遊んだりと大忙し。
 子供達に、何が一番楽しかった?と聞くと、”ダディ&マミーのレース!!”ですって。そうです、ドンドンも私も走らされました。びっくりしたのが、お父ちゃん方、お母ちゃん方それぞれみんな真剣勝負! こういうことにテレなどはこの国にはありません。そして、我が家は誰もメダル(一等から三等まで)はもらえませんでした。やっぱりねぇ。

                      


6月16日水曜日 日中晴れ、のちくもり雨

 Nenaghの親善試合に出場してきました。わがクラブにも8月に入れる予定のオムニコートでの試合。運良く、私のサーブが決まってくれて、Nenaghのおばちゃんたちにお褒めの言葉を頂きました。
 試合していたのはほんの1時間少しだったのですが、その後はクラブハウス内にあるパブで本当の意味での親善の会に参加し、私が車を出したためアリソンはビールをガンガン飲んで、最後まではおつきあいしなかったものの帰宅時間は午前様。いつもながらに、アイリッシュはよく飲むしよくしゃべります。随分私も慣れました。


6月15日火曜日 快晴

 昨日、アリソンから久々に電話があり、水曜日にNenaghで親善試合があるけど興味ある?と誘われました。ここ3週間はラケットを握っていない私。しかも、来週里帰りしてしまうとさらに一ヶ月ブランクがあいてしまいます。水曜日はドンドンのサッカーがあるのですが、ドンドンも私の体の鈍り具合を心配してか、”行ってきたほうがいいよ。”と妙に協力的でした。ダブルスの試合で、アリソンと組めるわけではないのですが、色々な相手と試合を重ねた方がよいですからね。ちゃんとサーブ入るかな?
 また、明日もサバイバルな一日。エニスからニーナまで横断します。


6月14日月曜日 快晴(イタリアのようなお天気)

 11日金曜日から昨日まで、コークのヨール(Youghal)へ家族旅行をしてきました。子供達と私が日本に行く前に家族旅行に行きたい!とドンドンがしきりに言っていたもので...彼自身、かなり寂しいようです。確かに、ちびっこ二人のいない生活は、静かーなことでしょう。そして、ちびっこ二人を連れて実家で過ごす1ヶ月間は、一体どうなるのでしょうか?私の両親は耐えられるでしょうか?? 東林小学校(私の母校です。)は、プールを一般開放しているのでしょうか? 

 ところで、ヨールですが、泊まったホテル(セルフケータリング用アパート)は、ヨールの町から車で5分ぐらい離れたところにありましたが、目の前が海という素晴らしいロケーションで、レジャーセンターもあり、十分満喫できました。が、驚いたことにヨールの町においしいものを食べにいこーっと行ってみたのですが、シーフードを掲げたレストランがなかったのです。普通、キンセール(同じくコーク)に行っても、キルキーに行っても、ドネゴールに行っても、ディングルに行ってもたいていは美味しいシーフードレストランが軒を連ねているものなのですが。これには、ちょっとガッカリしました。ひょっとしたら見落としたのかなぁ?

 今晩9時過ぎに、義理の母と妹が日本から送られてきた私たちが出演したテレビ番組を見にわざわざ我が家まで来てくれました。というのも、ビデオがパルシステムではないので我が家のビデオデッキでしか見ることができないのです。
 二人とも裏舞台を知っているだけに、あぁ、ここ映ってる〜とか、このショットはどこから撮ったの?とか、全てが日本語に吹きかえられていた為、何て言ってるの?と興味シンシンでした。ずいぶんカットされたのねぇ、とのコメントもポロリ。義理の妹へのインタビューはまるまるなかったので、彼女はホッとしたそうです。
 撮影時は、お二人にも色々と協力してもらいました。本当にありがとう!


 
6月9日水曜日 曇りのち晴れ

 昨夜9時過ぎ、、わたしのオフィス(自宅2階)からボヤを確認、ドンドンが外に出て見に行ったところ、ご近所のマイケルがすでに消防署に連絡をしていて、すぐに消防車が駆けつけてくれて消火作業に入りました。ボヤといっても、我が家の隣の空いている土地の草木が燃えてしまったのですが、その売り地にはガスの配管がされていて、ガス爆発につながる恐れがあったそうです。オソロシー。火の気は全くなかったのですが、ここ一ヶ月以上アイルランドらしからぬ天気が続いてかなり乾燥しているからでしょうか?そう言えば、去年の今頃、キラルーで山火事がありましたっけ。乾燥しすぎもよくないということです。
 私が思わずドンドンに、”あれ、火だよね、煙も立ち込めてきているし...”と話したのをコナンが聞いてしまい、”ファイアー?え?どこどこ”と最初のうちは野次馬だったコナンも、実際に火を見てしまったとたん、”おうちが燃えちゃうよー、こわいよーこわいよー!”と大泣き状態。騒ぎのためショーナも起きてしまい、泣き出しました。結局、消防車が到着すると子供達は今度はワクワク気味で2階の窓から見学して、ショックは消え去ったようでした。幸い、風向きが我が家の方でなかったので、火の粉がふってきたりと言ったことはありませんでした。それにしても、怖かったです。


6月8日火曜日 曇り

 日曜日は、R家、D家と我が家3チーム対抗のゴルフコンペを行いました。天気に恵まれ、暑くもなく寒くもなく最高なコンディションで望み、勝者は余裕のR家。勝てなかったD家とわがチームがR夫妻にお夕食をゴチしました。
 親達がゴルフで遊んでいる間、R家のキリちゃん、ローナン、コナン、ショーナは、R家でお留守番。もちろん、クレアさんというベビーシッターさんがずっと見ていてくれました。みんないい子だったとのことですが、キリちゃんとコナンは夜11時に寝たそうです。ローナンとショーナは、ややおその9時半だったそうです。結局、ドンドンも私もR家にスリープオーバーとなり、家族4人でお世話になりました。ありがとうございました。

 今日から、私は自宅にこもってたまった仕事を片付けるため、とりあえず里帰りするまでの期間、子供達は学校が終わってから託児所行き。二人とも、託児所の裏庭で遊ぶのが好きなので(ブランコ、滑り台など他の遊具があります。)、家にいるよりいいそうです。(そう言いながらも、コナンは午後4時に迎えに来てね!と言っていましたが。)  母としては、頼れる託児所が近所にあって本当によかったー。


6月5日土曜日 快晴(アイルランドの猛暑と言いたいぐらい!)、のち雨、のち曇り
 
 今朝は、両親と電話でお話をしました。電話代がありがたいことにかなり安くなったので(10年前と比べ)、時間を気にせず話せます。途中で、ショーナが代わりたいと言ってきたので代わったものの、父は彼女の言っていることがあまりよくわからなかったようで...今月里帰りしたら、ショーナの言葉は変わるのでしょうか?

 午後は、あまりにも暑かったので子供達は外で水遊び。ただ今、庭の周りに木製フェンスを立ててもらっていて、作業するお兄ちゃんたちに水着姿を見られたくなーい、などとシャイなことを言っていた二人ですが、3分もたったら、そんなことは忘れて水遊びに夢中になっていました。それにしても、暑かったですね。ハーリングの練習から帰ってきたドンドンとコナンは、ビショビショでしたから。こんなんで、私たち日本の夏を過ごせるのでしょうか?ちょっと、心配です。(特に私?暑いのダメだから。)

 ps。
 昨日でV社での今回の契約のお仕事が終了しました。(ホッ!)
 T社、IさんKさん、いつものように色々ありましたけれども、本当にご苦労様でした!


6月3日木曜日 シトシト雨

 午前中は、会社を半休してコナンの学校のダンスの発表会に行って来ました。コナンの学校にはホール(体育館)がないので、今回は地元にあるレイクサイドホテルのホールを借りて行われました。先生方の忍耐強さに感謝。だいたい、4,5歳児はステップを踏むのに右左もわからないわけですから。隣に座っていたキーロンのおばあちゃんにデジタルカメラを指差され、”何々?何で画面が出るの?これはカメラなの?”と質問攻めにあいました。私の説明で納得したかどうかはともかく、キーロンのおばあちゃんはなかなかお茶目な方です。


6月1日火曜日 曇りのち晴れ

 今日からドンドンはドイツのハンブルグへ出張。と言っても明日帰ってきます。夕方ハンブルグから電話があり、コナンショーナ、そして私共々”何かいい物(おいしいもの)をお土産に買ってきて!”とだけ言って、じゃーねー、ですって。かわいそうなFather...ヨーロッパの出張だと時差がそんなにないので、国内にいるような気がしてしまいます。アメリカからの電話だとタイミングがなかなか合わないんですよねェ。



納豆壁紙 by asanさん (いつもありがとうございます!)